【後期研修医向け】放射線科レジデントセミナーについて【まとめ】

専門医試験

こんにちは!どらじです。

今年の放射線科レジデントセミナーの日程が発表されましたね。

  • ライブ配信: 2023年12月15日(金)~17日(日)
  • オンデマンド配信: 未定

今年もオンライン(ライブ)配信+事後配信とのことで、自宅で聴講することができそうですね!

放射線科レジデントセミナーとは?

このセミナーは放射線科専門医試験の対策を行う内容になっています。

ライブ配信だと3日間缶詰めになる忍耐力要するセミナーですが、来年放射線科専門医試験(一次試験)を控えている後期研修医の先生方はぜひ参加をおすすめします。

特に放射線診断科の先生方にとっては、放射線治療分野の勉強に非常に有益だと思いますよ!

参加にあたって

申し込む前に

申し込む前に、日本放射線科専門医会・医会(JCR)に入会していない先生は、入会するかどうかを検討しましょう。

JCRは入会金5000円、診断専門医を取得するまでは準会員となり年会費は無料です。

会員であればレジデントセミナーの参加費が50000円→30000円と安くなります。

またミッドサマー・ミッドウィンターセミナーの参加費も24000円→12000円と安くなります。

個人的には入会をおすすめしますが、いかがでしょうか。

入会案内/準会員 – JCR | 日本放射線科専門医会・医会
私たちは放射線医療の発展を通して国民の福祉に貢献します

申し込み方法

JCRのホームページから必要事項を入力し、参加費を振り込みます。

申し込み締め切り:2022年12月9日(金)

募集定員はなさそうです(Web開催なので)。

第11回放射線科レジデントセミナー開催のお知らせ – JCR | 日本放射線科専門医会・医会
私たちは放射線医療の発展を通して国民の福祉に貢献します

準備しておきたいもの

  • プログラム:申し込みのページにPDFがあります
  • レジュメ:開催1週間前程度にデジタルデータを配布。紙に1ページにスライド4-6枚で両面印刷がおすすめです。
  • 筆記用具

Tips

講義について

講義の内容は、基礎・診断・核医学・治療をそれぞれ細かい項目に分け、1コマ30-50分程度の講義を3日間かけて受講します。

授業は1コマあたり40分前後と短く、講師の先生もなるべく短時間で出題される範囲をカバーしようと一生懸命ですので、かなり講義スピードは速いです。

ライブ配信だと、講義中に準備したレジュメ以外に目を向ける暇はほぼないと思います(途中で教科書とかネットで調べたりは難しい)。

基本的に講義中に不明だった点はメモしておいて、休憩中あるい講義終了後に調べることをおすすめします。

また全てのスライドを解説しないこともあるので、その場合は各自での勉強が必要になります。

事前に過去問を解いておくのがおすすめ

可能であれば1-2年分でもいいので、セミナー参加前に過去問を解いてみることをおすすめします。

講義の中で「あ、これは試験に出てた内容だ」と気づいたり、講師から「これはよく出る内容です」と言われたときに、そうだったなーと感じると頭に入りやすくなるのではないでしょうか。

過去問の取得方法や使い方について知りたい先生方はこちらからどうぞ

まとめ

来年一次試験を受ける予定の後期研修医にぜひ参加して頂きたいレジデントセミナーについて解説しました。

レジデントセミナーを受講して焦りを感じた先生方も、専門医試験まではまだ8カ月もありますので、焦らずに対策をすすめていきましょう。

ちなみに、こちらの記事では放射線科専門医試験に役に立つ本を紹介しています。

試験勉強に役立つ、後期研修医の先生方におすすめする本もまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました